確実に送球が安定するステップとは?

今回は

捕球後の送球するための

足の運び

紹介していきます

 

 

f:id:baseballss:20180720205453j:image

 

 

 

 

 

あなたは

送球するためのステップを

いくつ知っていますか?

 

 

私は

実践的に使うステップは

3つだと考えます

 

 

 

 

1つ目を紹介します

 

 

【フォーステップ】

 

 

その名の通りですが

4歩で送球に繋げるステップです

 

 

捕球してから

右足 → 左足 → 右足 → 左足

という流れです

 

最初の2歩は

体を送球する相手に向けるためです

 

3歩目

最も重要です

 

 

足を前に

 

そして

相手に対して

直角に向けてください

 

 

 

f:id:baseballss:20180720205714j:image

 

 

感覚としては

 

内側のくるぶしを

相手に向けてあげる

 

イメージです

 

 

ピッチャーが

バッターに投げる時

 

プレートは横向きで

くるぶしがしっかりキャッチャーに

向いていますよね

 

 

3歩目に

 

足を後ろに

または

左足にスライドさせることは

 

今後

やめてください

 

 

 

f:id:baseballss:20180722015128p:image

 

 

 

 

 

 

体の向きが

 

送球する相手に

向いていない状態 になり

 

送球が安定することはないです

 

 

 

 

安定させたいのならば

 

3歩目の右足を

前に出すこと

徹底的に意識してください

 

 

 

 

以上です

 

 

ありがとうございました!

捕球するときのチェックポイント ~その3~

今回は、

 

捕球するときの

チェックポイント

3つ目です!

 

 

 

打球を捕球したあと

送球の動作に

スムーズに移りたいですよね

 

 

 

 

f:id:baseballss:20180722014750j:image

 

 

 

 

早ければ早いほど

[捕ってから早いな!]

と言われ

 

 

守備が上手い

 

と言われます

 

 

 

 

[あいつは守備が上手い]

 

と言われるための

ひとつのチェックポイント

 

 

 

それは、

 

【胸にグラブをもってくる

          動作をしているか】

 

です!

 

 

f:id:baseballss:20180720205140j:image

 

 

この動作をしていないと

ゴロ捕球のときに

毎回毎回バラバラな動きに見えます

 

 

 

 

 

上手い人は

違う打球でも

必ずグラブを胸に持ってきます

 

 

なぜなら、

 

送球への流れが

一定になって

安定するからです

 

 

 

 

送球への流れを

一定にすることで

 

悪送球してしまった場合、

どこがダメだったのか

すぐにわかります

 

 

 

f:id:baseballss:20180720205349j:image

 

 

 

そのためにも

 

かかとから

打球に入り込むことが

大切になります

 

 

これをやることで

 

流れを作りやすくなり

チェックポイントを確認できます

 

 

 

 

一連の動作を

確実に安定させて行きましょう!

 

 

 

 

以上です

 

 

ありがとうございました!

捕球するときのチェックポイント ~その2~

今回は

グラブの出し方について

紹介していきます!

 

 

 

 

 

あなたは

 

グラブを出すとき

意識していることはありますか?

 

 

私はあります!

 

 

 

体の前に

円を書くように

グラブを出しています

 

 

f:id:baseballss:20180720204743j:image

 

 

 

 

 

このメリットは

打球に対して

刺されることがなくなります

 

 

多くの人が言うことは

[刺されることが多いんです]

 

 

 

あなたは

 

グラブを出す

タイミングが少し遅い

のではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

私は

 

守備のときに

ボールを呼び込む感覚

大切にしています

 

 

 

f:id:baseballss:20180720204956j:image

 

 

 

この意識を

持っていれば

 

打球より先に

準備できる状態になるので

 

刺されることはゼロになる

 

 

 

円を書かずに

パッと適当に出してしまうと

 

刺されて次の動作にワンテンポ遅れて

内野安打にしてしまう

 

 

 

 

 

 

このような

ミスを減らすためにも

 

 

円を書くこと

意識して

実践してみてください

 

 

 

f:id:baseballss:20180722014548j:image

 

 

 

 

以上です

 

 

ありがとうございました!

捕球するときのチェックポイント ~その1~

[打球が飛んできた]

 

[正面に入ることができた]

 

このときの

 

 

チェックポイント

紹介していきます!

 

 

 

f:id:baseballss:20180720204338j:image

 

 

 

 

 

グラブをはめている腕

(右投げなら左腕)は、

 

少し曲がっていますか?

 

 

 

伸びきっている

あなたは

捕球体勢が高いです

 

 

【少し曲がった状態で

      グラブが地面に着く】

 

 

 

これが低く

正しい捕球体勢です

 

 

 

f:id:baseballss:20180722014314p:image

 

 

 

 

 

 

 

腕が少しでも

曲がっている

どんなメリットがあるのか

 

 

グラブの操作性が

格段に良くなります

 

 

 

多少のイレギュラーでも

簡単に処理することができます

 

 

 

f:id:baseballss:20180720204559j:image

 

 

逆に、

伸ばしきっていると

 

肘から先の可動域が

狭くなります

 

 

 

メリットは

ひとつもありません

 

 

 

 

 

 

 

 

少し曲げているとき

 

伸ばしきっているとき

 

両方とも

軽いノックで試してください

 

 

捕球するときの目線が

全く違います

 

 

目線が変われば

いままでと違う感覚を養えます

 

どんどん新しい感覚を

手に入れましょう

 

 

 

 

 

 

以上です

 

 

ありがとうございました!

あなたのバランスはどっちですか?

今回は

体のバランスについて

話していきたいと思います

 

 

 

 

 

あなたは

 

まっすぐ立っているときの

重心は

 

つま先にありますか?

 

それとも

 

かかとにありますか?

 

 

 

f:id:baseballss:20180720204036j:image

 

 

 

人それぞれ

持っているバランスは

違います

 

 

 

結論から

言いますと

 

かかとに重心がある方が

 

 

野球においては

メリットが多くあります

 

 

なぜなら

 

野球では、

 

体重移動の上手さ

スムーズな流れを生むからです

 

 

右投げの場合、

送球のときに右足→左足に

体重移動ができていれば

より速い球を投げることができます

 

 

 

つま先に重心があると

 

前のめりになる場合があり、

 

体が浮くことが

非常に多くあります

 

 

野球において

体が浮くということは

 

捕球のとき、

打球と目の距離が離れることになるため

 

捕球ミスを起こす可能性が

とても高くなります

 

 

f:id:baseballss:20180720204137p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かかと重心にする方法は

簡単です

 

 

通学するとき

教室移動で廊下を歩くとき

 

かかと重心 

意識してみてください

 

 

 

f:id:baseballss:20180720204256j:image

 

 

2週間後には

 

あなたは

自然と

かかと重心になっています

 

 

 

 

 

 

 

 

私は

つま先重心でした

 

私が変われたのです

 

あなたは

変わることができます

 

 

 

 

以上です

 

ありがとうございました!

 

捕球する直前の右足を意識することのメリット Part2

右足を意識するメリット

 

2つ目は

 

 

打球を呼び込む

感覚が芽生えます

 

 

 

f:id:baseballss:20180722013835j:image

 

 

 

 

 

 

あなたは

 

打球が飛んできたから

飛んできたところに

向かって行きますよね

 

 

 

逆の発想はないですか?

 

 

あなたが

打球を呼び込む

 

 

イメージしやすいのが

買っている犬を

あなたのところに呼ぶ動作です

 

 

[おいで、おいで]

 

と動作しますよね

 

 

 

f:id:baseballss:20180720021854j:image

 

 

 

 

もちろん

 

守ってる位置に

打球が来る訳ではありません

 

 

あくまでも

 

守備位置から

打球の正面に入ったときです

 

 

 

 

 

 

 

捕球体勢で

打球がバウンドするのを

しっかり見る瞬間 

ありますか?

 

 

バウンドに対して

右足で合わせる感覚

養ってもらいたいのです!

 

 

そのために

 

正面の緩いゴロを

ノックとして受けてください

 

 

ケンケンをして

低い捕球体勢を作ってから

実践してください

 

 

いつも通り

ノックを受けても

新しい感覚には出会えません

 

 

f:id:baseballss:20180720021956j:image

 

 

 

最初から

実践はなかなか難しいです

 

 

緩いゴロから

実践に繋げていきましょう!

 

 

 

以上です

 

 

ありがとうございました!

 

 

捕球する直前の右足を意識することのメリット Part1

捕球する直前の右足?

 

[何を言ってるんだ?]

 

 

f:id:baseballss:20180720002414j:image

 

 

 

 

 

あなたは

そう思ったはずです

 

 

守備を上達させようと

意識するまで

 

私は

全く気にしていませんでした

 

 

右足を意識すると

 

守備の感覚が

格段に変わります!

 

 

必ず

実践してみてください!

 

 

 

実践しないと

 

 

体重移動

しっかりと行えず

安定したスローイングは

絶対にできません

 

 

 

 

f:id:baseballss:20180722013541p:image

 

 

 

 

 

 

 

あなたは

ケンケンをしたことは

ありますよね?

 

 

では、

右足のみ

ケンケンをしてください

 

 

 

 

f:id:baseballss:20180720002750j:image

 

 

 

そこから

 

左足を

ギリギリまで着けずに

捕球体勢になってください

 

 

 

 

 

重心が右に乗ることが

わかると思います

 

 

 

ショートからファーストへ

送球をするとします

 

右から左へ

体重移動をあなたはします

 

 

右へのタメが

捕球の時に

勝手にできています

 

 

 

f:id:baseballss:20180720002914j:image

 

 

 

あとは、

いつも通りやってください

 

送球への流れが

大きく変わります

 

 

 

 

 

以上です

 

 

ありがとうございました!