捕球するときのチェックポイント ~その1~

「打球が飛んできた」

 

「正面に入ることができた」

 

このときの

 

チェックポイント

紹介していきます!

 

 

 

f:id:baseballss:20180720204338j:image

 

 

 

グラブをはめている側の腕

(右投げなら左腕)は、

 

少しでも曲がっていますか?

 

 

伸びきっている

あなたは

捕球体勢が高いです

 

 

【少し曲がった状態で

      グラブが地面に着く】

 

 

これが低く

正しい捕球体勢です

 

 

 

f:id:baseballss:20180722014314p:image

 

 

 

腕が少しでも

曲がっている

どんなメリットがあるのか

 

 

グラブの操作性が

格段に良くなります

 

多少のイレギュラーでも

簡単に処理することができます

 

 

f:id:baseballss:20180720204559j:image

 

 

逆に、

伸ばしきっていると

 

肘から先の可動域が

狭くなります

 

グラブが遠回りするわけなので

小回りの効くはずの

グラブの意味がなくなります。

 

メリットは

ひとつもありません

 

 

・少し曲げているとき

・伸ばしきっているとき

 

両方とも

軽いノックで試してください

 

 

捕球するときの目線が

全く違います

 

 

目線が変われば

いままでと違う感覚を養えます

 

 

腰が高いと言われる選手は

必ずチェックしてください

 

腰を落とすより

目線を落とした方が

すぐに違いに気づきます

 

どんどん新しい感覚を

手に入れてください!

 

 

以上です

 

ありがとうございました!