達成感なんていらない

あなたは目標を設定して

その目標に向かって

走っていると思います

 

その目標にどれだけ近づいたのか

それを判断する時、

あなたはどんな気持ちでしょうか?

 

「ああ、この1ヶ月頑張ったなぁ」

「普通に達成したな、よしっ」

 

 

この達成感に浸ったあと

あなたの取る行動はなにでしょうか?

 

「頑張ったから休憩しよう

「ちょっと休んでいたい

「来週は楽な気持ちで過ごそう」

 

こんな気持ちになって

行動をしない、または

行動力を低下させることに

なっていませんか?

 

 

達成感なんていりません

 

私はこう思っています。

 

 

目標を考えて

そこに向かって頑張るのは

もちろんいいことですし、

 

私も自分のためにやっています。

 

 

ただ、期間を決めて

 

成果を見た時に

「ああ、頑張ったな」

思ってしまうと

 

次がなかなか動き出せないことを

私は知っています。

 

 

なので、私は達成感は

感じないように敢えてしています。

 

 

この思考に変えてから

 

チームメイトやパートナーから

「成果でたね!」

「頑張ったね!」

 

こう言われた時には

「まだまだ上にいけたんだ」

自然と口に出すようになりました

 

 

あなたは「頑張ったね!」

と嬉しい言葉をかけてもらえた時

 

「そうなんだよ、俺頑張ったんだよ

 

まだまだ上にいけたから悔しい

 

 

どちらの方が

次のあなたの行動力に

力をもたらしてくれるでしょうか?

 

 

以上です

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

第三者の目をもって守備力が130%UPする

あなたは試合中の

自分自身の動作を

映像化させることが出来ますか?

 

 

自分の動作が見える

 

 

成長をテーマとする中で

これほどの強みはありません。

 

 

 

このことが理解できれば、

 

なぜミスしたのか理解が早くなる

 

・プレー中でも何となく動きが

映像として頭に浮かび修正が可能になる

 

 

理解しないのであれば、

 

・する必要のなかった

同じミスを何度も繰り返す

 

・「またそのミスかお前!」

怒鳴られることになります。

 

 

実際、映像として

イメージすることができれば

 

「まずい!」と思っても

ステップを切り替えられますよね

 

 

私の元に

バッティングの動画を送ってきて

「見てください!」という

高校生が非常に多いですが

 

守備の動画を自ら送る人は

全体の3%に届かないです。

 

 

バッティングは試行錯誤するのに

守備ではしないのはなぜでしょうか?

 

あなたは私に

「守備が上手くなりたいので追求します!」

 

と言ってくれたのに・・・

 

 

あなたは守備をする時、

どのように周りから見えているのか

知っていますか?

 

私は初めて動画をとった

中学3年生のとき、

 

「これは終わってる。」

とまで思いました。

 

それほど

わかっていなかったからです。

 

 

 

あなたの守備を頭の中で映像化し、

プレー中に修正できるようになるためには

どうしたら良いでしょうか。

 

まず

自分の守備を見ないとですよね

 

お父さん、お母さんでも

同じポジションの後輩でもいいので

 

シートノックか

壁あての映像を撮影してください

 

 

「ここがやばい」と思うところがあれば

修正はすぐできますよね

 

悪いのはわかるけど、

どうすればいいのかわからない

 

という人は

私に動画を送ってください!

 

あなたの成長が自覚できます。

 

 

それでは、

行動するだけですね

 

自分の守備を勝手に

良いイメージにしている人が9割です

 

まずは、ぶち壊すところから

始めてください

 

一旦受け取って、

そこから修正するのです。

 

この時期に早く知れた

あなたはラッキーです!

 

これから動けば

上手くなるのは必然的です!

 

 

動画は削除しないでください

 

1ヶ月後、3ヶ月後

動画を撮って比較すれば

モチベーションを上げるひとつになります

 

ではでは。

過去の辛い体験・トラウマがある人がマジで強い

こんにちは!

 

すぎです

 

このブログを見ている人は

過去にきついことが

あったんじゃないでしょうか?

 

おめでとうございます!

あなたは強いです

 

理由は後で話します

 

 

いきなりですが、

あなたは犬派ですか?

猫派ですか?

 

私は猫派です

どうでもいいですね笑

 

は昨日のことを

覚えていないそうです

 

明日のことを

考えたことは無いそうです

 

これは脳関係の研究で

調べられています。

 

 

「過去」と「未来」がない

 

つまり、

「今」しかないんです。

 

だから、猫に悩みはありません。

羨ましいですよね

 

 

私には過去のトラウマ

嫌な体験があります。

 

 

カットプレーでショートから

キャッチャーに投げたら

頭を越えて大暴投

 

点を取られて回の終わりに

ベンチに戻る時、地獄です。

 

 

その日の自主練習

その距離間でホームに

ネットを置いてひたすら投げる

 

10分ぐらいやっていたら

コーチが来ました。

 

そこでアドバイス

「キャッチボールをしっかりやれ」

 

「またかよ。。」

 

と思ったんですけど

 

それから練習始めのキャッチボール

その距離間になったら

カットプレイの動きを

取り入れるようになりました

 

 

きつい体験・苦しい経験をすると

違う視点から物事を見れるようになる

 

「客観的に物事が見れる」が

わかりやすいと思います

 

挫折だけが人生を変えてくれます

 

人生に新しい視点を

見出そうとするからです

 

 

これによって多角的に

いろんなものが見れるようになるから

新しいことを思いつくのです

 

問題を解決できるようになって

   乗り越えていける

 

という実験結果があります

 

 

だから、

 

過去の辛い体験・トラウマが

ある人はマジで強いです!

 

 

身近な例えでは、

 

自転車に乗っていて

道に飛び出して車に轢かれそうになった

その道は必ず止まるようになりますよね

 

 

このように過去にトラウマがあったり

辛い体験がある人は

 

自分の思考を一旦止めるのが上手い

 

自分の思考をコントロールするのが上手い

 

一瞬冷静になれる

 

・危機を感じたらストップする能力が高い

 

 

なぜなら、

 

悩みとは

過去の体験によって

未来に対する不安を覚えない限り

作れないからです

 

 

過去があれば

→「なんであいつより打てないんだろう。」

 

未来があれば

→「次の試合、エラーしないか不安だな」

 

 

「今」を考えることは

もちろん大切ですが、

 

「過去」・「未来」から

学ぶことは見逃す訳には行きません

 

 

あなたの不安要素

無きものにする行為

これから意識していきましょう

 

失敗から学び、

行動をして成果を出すのです!

 

 

あなたは強いです

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

盗塁成功の鍵~タイムで決めろ~

こんにちは!

 

すぎです

 

前回、

「サインを盗め」ということで

スタートの条件をお話しましたね

 

 

今回はその続きで

 

第2の条件

「タイムで決めろ」

について話していきます!

 

あなたの盗塁の塁間タイムと

相手のセカンドスローから

タッチまでのタイムのことです

 

 

タイムがわかっていれば、

 

「成功する!」と確信をもてるので

スタートが重要な盗塁で

思い切りのいいスタートが切れます

 

 

わかっていなければ、

 

「アウトになるかも。」

スタートに迷いが生まれ、

盗塁どころか目だけの牽制で

スタートが切れないことも。。。

 

それほどタイムを把握すること

盗塁において重要な要素です

 

では、学んでいきましょう!

 

 

さっそくですが、

あなたの盗塁タイム

何秒ですか?

 

・リードしたところから

   ピッチャーのモーションを見て

   スタートの反応

 

・塁間のダッシュ

 

・スライディング

 

この3つが動作ですよね

 

 

あなたは把握できていますか?

 

各それぞれ

計る必要はありませんが

 

私の場合は、

 

ピッチャーが

モーションスタートしてから

セカンドのスライディングで

ベースタッチまで3.2秒です

 

 

次は対戦相手のタイムです

 

何秒ですか?

 

これは、その日の

相手によって変わってくるので

固定の数値では出せません。

 

なので、目安を設けましょう

 

 

・ピッチャーのクイック

(モーションの始動から

キャッチャーミットの捕球まで)

 

1.2秒

 

・キャッチャーのセカンドスロー

(捕球からセカンド到達まで)

 

2.0秒

 

・タッチプレイの時間

(二遊間の捕球からランナータッチまで)

 

0.1秒

 

あくまで目安ですので

ここの感覚で調整してください

 

もちろん、高校生なのか

大学生なのかで変わってきます

 

 

3つのタイムを合わせましょう

 

1.2秒+2.0秒+0.1秒

3.3秒

 

私の盗塁タイムは3.2秒なので

私の勝ちですね

 

この3.3秒の相手ならば

私は盗塁します

 

もし、3.0秒の相手ならば

・変化球が盗めた

・モーションが盗めた

 

それならば、

盗塁を仕掛けます

 

それ以外は走りません。

アウトになるので

 

至ってシンプルなことですが、

プロ野球でもストップウォッチで計測する

首脳陣方を目にしますよね

 

あなたもストップウォッチで

計測してください

 

 

具体的にしていきましょう

 

あなた自身の

タイムは練習でいいので

チームメイトなどに計ってもらいましょう

 

相手のタイムは

回が変わる投球練習の最後

セカンドに投げますよね

 

これはあくまでも目安です

 

実際にランナーがいて

盗塁したらこれよ速いでしょう。

 

 

いますぐやるべきことは

 

タイムを計ることです

 

 

そのあと、

 

どうすれば

タイムが速くなるだろうか

考えていきましょう

 

チームメイトの

バッテリータイムの把握をしてみましょう

 

試合で初対戦でも

「〇〇ぐらいだな」

という感覚ができるので

飲み込みが早くなります

 

 

以上がタイムから見た

盗塁の条件です

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!

盗塁成功の鍵~サインを盗め~

こんにちは

 

すぎです!

 

今回は、

盗塁の成功率を

格段にあげる方法をお伝えします

 

 

私は高3年の春~夏まで

盗塁成功率100%を達成しました

 

夏の引退後、

そういえばで気づいたんですけどね

 

 

そんな私の盗塁における

チェックポイントとは

 

球種を盗め

 

 

簡単に言えば、

変化球で走れです

 

そんな簡単に盗めるかよ。

そう思ったあなた

 

意外と簡単ですよ?

 

野球ルールにおいて

投手が投げる球種・コースを

打者に伝えることは違反ですよね

 

強豪校でやっているところは

数々いましたが・・・

 

伝えるのは違反ですが、

走者は利用するのは大丈夫です

 

 

二塁ランナーのとき、

変化球だとわかれば

 

キャッチャーが弾く可能性が高い

低いワンバウンドするような変化球は

スタートを切ります

 

 

これが一塁ランナーの場合は

どうでしょうか?

 

しっかりとした

あなたのセーフティリードのときに

 

キャッチャーのサインを見たら

牽制に反応できなくて

アウトになってしまいます

 

 

キャッチャーのサインを見るのは、

ピッチャーから牽制がきても

すぐに戻れる位置です

 

 

もちろんキャッチャーは

見えないように右足で隠しますが、

2歩リード出れば

ある程度サインが見えます

 

その2歩リードならば

ぼんやりピッチャーが見える程度で

アウトにならず、

キャッチャーのサインが見えます

 

 

まずは、見える位置を

あなたのチームの実践練習

試して見てください

 

アウトになることはないので

安心してください

 

やらないなら

盗塁成功率は上がらないでしょう。

 

 

私は1歩半のリード

実践していました。

 

あなたにもできます

 

 

ただ、

注意することがあります。

 

それは、

早くリードをとること

 

そうしなければ

サイン交換が終わってしまうので

気をつけてください

 

 

サインの種類ですが、

ある程度パターン化しています

 

プロ野球のように

回によってサインを変えるチームは

ほぼないと言っていいでしょう。

 

 

初回の上位打線がサインの確認

 

3回、4回ぐらいの中盤から

サインがある程度盗めているので

 

私の高校では、

後半盗塁が激増しました

 

 

ピッチャーの球種は

変わってきますが、

 

キャッチャーのサインパターン

なかなか変えにくいですよね

 

それが狙い所です。

 

 

ピッチャーが変わっても

すぐに対応できてしまいます

 

1点を争う後半の大事な場面での

盗塁も余裕を持って

確信スタートが出来るので

勝手にセーフになります

 

 

「初回から走れないの?」

と思う人もいますよね。

 

これは、タイム次第です

 

このタイムについては、

また別のブログでご紹介します

 

 

あなたが次の練習でやることは

 

・キャッチャーのサインが見える

   リードの位置の確認

 

私の場合は1歩半です

 

 

それがわかれば、

・二塁ランナーのとき

   ワンバンで弾く投球のスタート

 

・一塁ランナーでの

   弾く球のスタート

 

 

このように応用していきましょう

 

 

盗塁のサインが出ていなくても

セーフになる確信があるなら

走ってもいいと思います

 

 

アウトになったら

めちゃくちゃ怒られるでしょう

 

 

ですが、

 

セーフならば

監督に「なぜ走った?」

と言われた時に

 

「サインを盗めたので」

 

と自信に満ちた顔で

言ってしまいましょう

 

 

そして、

 

            サインを監督に伝える

                            ↓

                  チームでの共有

                            ↓

    盗塁の増加、相手の隙をついた走塁

                            ↓

            ヒット数が少なくても勝利、

              多ければコールド勝ち

 

 

 

このように勝利への貢献ができ、

あなたはチームに必要な存在

 

・ベンチ入りは確実

・レギュラーへの昇格

・上位打線へのランクアップ

 

自然な流れですよね

 

 

あ、私がやっていたことです笑

 

 

ここまで聞いてやらないのならば

あなたは走塁を捨てるべき選手です

 

きついようですが、

それほど大切で大きな情報です

 

 

あなたからの走塁向上の

メッセージをお待ちしています

 

 

以上です

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!

私には手に入れたいものがたったひとつだけあります。

こんにちは!

 

すぎです

 

あなたはいま

何か欲しいものはありますか?

 

・新しいグローブが欲しい

・バットが欲しい

・彼女が欲しい笑

 

人それぞれ欲しいものありますよね。

 

 

私がいま手に入れたいもの。

 

それは、

もしもボックス」です

 

 

あの、ドラえもんのあれです笑

 

「こいつふざけてる」

 

そう思って

聞いてください

 

 

 

私は過去を大事にしています

 


「いま」の私は、
過去の私の積み重ねだからです

 

1野球人として、

プロ野球選手を目指していたのは

中学2年生の頃まででした

 

正直にいえば、

小学校低学年の頃です。

 

そこから、本当をいえば
小学校5年生ときからの
目標は「甲子園で勝つこと」


先日、小学校の卒業文集を

たまたま見た時に
書かれていたので間違いないです

 

担任の先生に

「俺、甲子園で勝つから」

とか言って宣言していました

 

「甲子園」ということで見ると
ひとつ上の上級生は選抜で
一つ下の後輩は夏に出場しました

 

夏は確か、

99回大会だった気がします


私の代は夏に県大会決勝で負けました。

 

 

要するに

甲子園で勝つどころか
出場すら出来ませんでした。

 


もしも、甲子園に出場して

1勝でもしていたら
私の現在はどう変わっていたのだろう・・・


そんな気持ちは高校野球引退から
ずっと私の心に引っかかっていたんです。

 

 

いま大学2年なので、

高校卒業から2年経ちました。

 


私が高校3年の時の
1年は夏で引退しました

 

巨人ファンの人がいたら

今年のドラフト3位

直江大輔を応援してやってください

 

私が高校3年のとき、

細い体で入学してきた1年生です

 

私の後輩です

 

あいつのまっすぐは

本当に綺麗だったのを覚えています

 

 

話は戻りますが、
いま母校の現役選手で
知っている選手は1人もいません。

 

でも、母校に

甲子園で勝ってもらいたい

 

 

よくよく考えれば、

甲子園で勝つ選手にまで指導してみたい

 

 

バッティングは苦手です。

打率は2割4分ぐらいでした

 

 

守備は3年の春以降、

エラーした記憶がありません。

 

当時のチームメイトも

「ショート打ったら大丈夫」みたいに

現役の時、言ってもらえていました。

 

 

守備の指導、アドバイスならば

俺にも伝えることは出来るんだ!!

 

守備きっかけで

レギュラーになる選手を1人でも多く!!

 

代打の切り札で満足できないんだ!!

 

そんな選手が私の元に

集まってくれて

成果を伝えてもらえています

 

 

私がこの活動を続ける理由ですね

 

 

もしも、なんて

いま考えなくていいんです

 

気づいたらなので

 

いまを懸命に過ごしてくださいね

 

 

 

以上です

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!

チョコをもらった人は必ず読んでください

こんにちは!

すぎです

 

きょうは2月14日

バレンタインデーですね

 

あなたはチョコをもらいましたか?

 

もらえたら

素直に嬉しいですよね

 

 

野球のことばかりの

ブログではなく、

たまには他のことも話したいと思います

 

 

日本のバレンタインって

世界的に見てめちゃめちゃ特殊だ

ということを知っていますか?

 

女性が男性に対して、

親愛の情を込めて

チョコレートを贈ることが

日本のバレンタインでのメインですよね

 

バレンタインデーに

「告白する」「アプローチする」

「本命チョコを渡す」

 

この習慣があるのは、

日本だけです

 

 

確かに、西欧や米国では

恋人やお世話になった人に

「チョコレート」を贈る習慣はあります

 

ただ、

「チョコレート」限定ではないんです

 

「チョコレート」を贈るのは

日本の大きな特徴です

 

 

「〇〇説」というような

起源はいつくかありますが、

共通することがあります。

 

共通することは、

お菓子メーカーや百貨店が

自社宣伝のために

2月14日「愛の日」を利用したことです

 

 

これが数十年後に

高度経済成長期に消費する社会になって

 

「みんな買おうよ!!」

というような

積極的マーケティングをしました

 

これで10~20代の学生層が

購入して広まって行ったのです

 

 

2000年代頃には

年間消費の約2割が2月14日である」

 

と言われるほど

バレンタインデーが

国民的行事になったのです!!

 

 

いまでは、

義理チョコ・友チョコ自分チョコ

 

初めて聞いたんですが

男性から男友達に送りあったりする

強敵(とも)チョコもあるらしいです

 

 

・企業の広める力の凄さ

・学生層の力の大きさ

 

バレンタインデーって

何年も掛けて

凄いことが起きた日なんですね!!

 

 

あなたも良い習慣

大切にしてみてはどうですか?

 

振り返るきっかけにもなりますよね

 

 

人間は集中力を維持するのは

かなり難しいと言われています

 

私も正直苦手です。

 

 

「この日まで頑張ろう」

「1年前の俺はまだ未熟だったな」

 

なんてこの1週間だけでも

「モチベーションを上げる」

きっかけ作りのためにも

良い習慣を大切にしてみてください!

 

 

3月14日、ホワイトデー

 

お返しは忘れずに

 

きょうはちょっとした

豆知識のブログでした!!

 

 

以上です

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!